往復で購入するよりも格安航空券は片道の方が安い理由

- 往復で購入するよりも格安航空券は片道の方が安い理由

島にかかっている橋

往復で購入するよりも格安航空券は片道の方が安い理由

国内で飛行機に乗る時に、片道で乗るよりも、往復で乗る方が安いと思っている人は多いでしょう。しかし格安航空券は往復よりも片道の方が安い設定になっていますので、そのことについてここでは詳しく見ていきたいと思います。

航空券を買うときの方法について

もしこれから国内で飛行機に乗る時どうやってチケットを購入しているのでしょうか。大半の人が最初にスケジュールを決定して往復での予約を入れていると思います。飛行機は電車と違って、割引率が高いものは、片道運賃がメインになっています。往復でも存在しているのですが割引率がそれほど高くなかったり、往復の場合は行きと帰りの期間があまり空いていないこともあります。

往復割引はすべてに対応しているわけではない

登山をしている夫婦

格安航空券をこれから国内で取ろうと思っている人にとっては、あまりに意外なことと思えるかもしれないのですが、往復割引、それはどの区間でも買えるとは限らないのです。例えば新幹線やJRのチケットでもゴールデンウィークや、年末年始は割引運賃は除外されている事が多いでしょう。飛行機も一緒のようなものなのです。
往復割引が毎日ある路線は航空会社それぞれによっても違いがあるのですが、使い勝手がそれほどよくなかったり、あまりお得に感じられないというイメージで格安な飛行機を買う人は片道をそれぞれに購入して往復としている事が多いようです。

なぜ片道でもお得になるのか

片道でもなぜお得になるのか、それは、目的の予定時間が決定していてもその後の予定が決定していないという人が意外と多く、そのほうが需要が高いという事で、各社思い切って片道で安い値段で販売している方がいいという事に至ったようです。これはバスでも同じことが言えるといわれています。

片道でもお得なチケットを買うためには

片道のチケットでも安いチケットを手に入れるためには1年に2回飛行機のチケットは発売されているので、その時期を狙ってすぐにでも入手するといいでしょう。一年に二回とありますがそれは1月と8月です。このころはチケットが発売されたばかりなので、自分が希望する日程をスムーズに抑えられるはずです。

払い戻しについて

往復で買ったチケットを片道だけ払戻すことはできるのかという質問がよくありますが、これはできません。片道のチケットを使ってから帰りのチケットを払い戻すときは少し複雑なので、そのようなことが起きないようにしてチケットを入手したほうがいいでしょう。