予約を入れるタイミングによって格安航空券の値段も変わる

- 予約を入れるタイミングによって格安航空券の値段も変わる

島にかかっている橋

予約を入れるタイミングによって格安航空券の値段も変わる

国内でこれから格安航空券を予約するときに、ちょっと考えたい事があります。それはいつのタイミングで国内の格安航空券の予約を入れるのかという点です。いつのタイミングで予約を入れても一緒だと思っている人もいるかもしれないのですが、そうではないのです。

滝つぼ

航空券を安く入手したいなら

航空券を安く入手したいと思っているのなら、何に着眼して予約を入れるとよいのでしょうか。最初に航空会社をどこにするのか考えるという人は多いでしょう。最近はLCCが参入しているので格安なチケットはいつでも手に入るというイメージがありますので、その中から安いチケットを選ぶという人も多いかと思います。ですがチケットの値段は航空会社のみで決定するわけではないのです。予約を入れる時期によっても違ってくるのです。ですからお得に予約できるタイミングを知ることがお得にチケットを予約することにもつながります。

飛行機のチケットが安いときはいつなのか

飛行機のチケットの予約を入れるときに安いのはいつなのでしょうか。年間を通して値段が高いのはだいたい察しがつきますよね。年末年始や夏季休暇、ゴールデンウィークなどは高くなるのは当然です。
長期休暇のシーズンは値段が高いのです。それ以外の時期に予約を入れれば基本は普通の値段で乗ることができると思いますしさらに安いといわれている1月、2月6月、11月を狙っていけばいいでしょう。ホテル、レンタカーといった関連のサービスも値段は同様に高くなるので、いつのタイミングで移動するのか日程を考えることで値段はかなり変わってきます。

直前割引と早割でも全く値段が違う

各航空会社は割引サービスを提供しています。搭乗する日の直前の割引もあれば数か月前から用意してくれている早割と呼ばれるものもあります。
LCCであっても、大手の航空会社であっても、割引は用意されているので一度チェックしたうえでいつのタイミングで予約を入れるのがいいのか検討してみるといいでしょう。やはり早ければ早い方がいいですから、例えば80日前から販売している会社もありますし、60日前から早割を販売している会社もあるので、いつのタイミングから早割は販売されているのか、それをしっかりとチェックしておくことが、少しでも安い値段でチケットを入手することにつながるのではないでしょうか。同じ便でも予約を入れるタイミングによって全く値段が違っているという事をしっかりと理解しておくとよいでしょう。